フリーランスのお金管理と仕事道具

フリーで働く士業の雑記です。

フランクリン・プランナーにぴったりの手帳カバーを見つけるまで

f:id:wara-san:20170519143516j:plain

フランクリン・プランナーのコンパクトサイズのリフィルは、普通のバイブルサイズよりも横長です。なので、ヨコが細めの手帳カバーを使うと、このようにはみ出します。

まあ、これぐらい気にならないという人には問題ないのでしょうが、私はそのへん神経質なんで、あり得ないわけです。

そこで、ぴったりの手帳カバーを探すことにしました。

 

使っているリフィル
私が愛用しているのは、ユニバーサルシリーズのデイリーリフィルです。サイズはコンパクトサイズで、一般のバイブルサイズ相当です。

紙が薄いのでかさばらないのが最大の特徴です。

あと、紙質がいいのか、万年筆で書いても裏写りしません。

タスクリスト、スケジュール、余白のバランスも良く、横幅が長くて書きやすいです。横幅は108mmで、通常のバイブルサイズは95mmです。

 

唯一の欠点は、ぴったりのバインダーがなかなかないことです。

フランクリン・プランナーの公式バインダーはどれも皮質がいまいちだし、リング径が25mmと大きいのでバインダーがやたら膨れ上がります。

できるだけ荷物を減らしたい私には大きすぎるのです。

 

なので、他メーカーのバインダーから選ぶことにしました。

 

バインダーのサイズ確認
まず、フランクリン・プランナーの公式バインダーのサイズ感です。

公式バインダーの中で、もっとも横幅が短そうなのが、
リング径20mmだと、138mm、
リング径25mmだと、142mmでした。

横幅からリング径を差し引くと、118mmです。

このフランクリン・プランナーのコンパクトサイズのリフィルの横幅は108mmなので、差引で10mmの余裕があります。

なので、だいたい118mmが目指すべきラインになります。

 

手帳の老舗ブランドであるファイロファックスを見てみましょう。

定番バインダーであるオリジナルだと、横が135mm、そこからリング系23mmを差し引くと、112mmしかありません。リフィルは108mmあるので、おそらくはみ出します。

f:id:wara-san:20170519152107p:plain

ファイロファックスだと、いけそうなバインダーが1つだけありました。

マルデンです。

マルデンは、140mm、リング経が23mmです。差引117mmあります。

なので、おそらくマルデンであれば、きっちり収まると思います(自分でリフィルを入れて試したわけではありません)。

ただ、私には少し大きすぎると思ったので、選びませんでした。

f:id:wara-san:20170519152141p:plain

選んだのはGANZOのバインダー
そんなこんなで私が選んだのがGANZOのバインダーです。

ナナキューエスという皮を使っていて、肌触りバツグンです。

たまたま百貨店で見かけて、リフィルを入れてサイズを確認したらいけました。

このバインダーは横幅135mmですが、リング径が20mmです。なので、差引115mmあります。

デザインも渋くて格好いいのでとてもお気に入りです。

(閉じたところ)

f:id:wara-san:20170519152729p:plain

(開いたところ)

f:id:wara-san:20170519152744p:plain

ただ、1つ注文をつけるとすれば、ペンホルダーのサイズですね。
けっこう中途半端な大きさで、太めのペンは入りません。万年筆はおそらく全滅です。
かといって、ペンのクリップだけを指すには大き過ぎるので、いまいちペンのおさまりが悪いです。

まあ、気になるのはそれぐらいで、他は気に入っています。決して安くはありませんが、フランクリン・プランナーに合うバインダーが欲しい方は、選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。